お問い合わせ

後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例

譲渡会社:X社

事業内容
製造業
エリア
東海地方
売上規模
約15億円

譲受会社:A社

事業内容
商社
エリア
全国展開
売上規模
約500億円

当社の関わり方

図を拡大

背景・売り手オーナー様の課題

X社のオーナー社長(以下「社長」という)は60歳を過ぎたころであり、10年前に先代から経営を引き継いだ。高い技術力と取引先である大手企業との強固な信頼関係により、業績は長年に渡って堅調である。
そのような経営状況にあるにも関わらず、社長がM&Aを検討する理由は2つあった。

一つは、実質的に後継者が不在であったこと。
社長のご子息は3年前に大手企業のエンジニアを辞め、事業承継を前提として役員として会社に入っていた。社内外からも次期社長であると思われており、本人も当初はそのつもりでいた。しかし、根っからの技術畑タイプの性格であり、経営、マネジメントには興味を持てない。ついには、経営者になるということにも違和感を覚え始めていた。一方、社長も息子が次期社長になって欲しい、と当初は考えていたが、まだ30代半ばの息子には性に合わない社長になどならず、好きな人生を送ってほしい、という思いの方が強くなっていった。

二つ目は、社長がX社を更に発展させたい、という思いである。
業績は堅調であったが、売上高は近年横ばいであり、社長は次の打ち手を考えていた。高い技術力を背景に取引先からの新規の引き合いは旺盛であったが、案件が大型化・高度化していた。また、X社が製造している製品は、1件当たりの金額ロットが大きく、開発~納品までのリードタイムが長いことから、多額の運転資金が必要となる。そのため、新規の開発案件については、財務的なリスクを考慮すると受託しづらい、というのが実情であり、成長の足かせになっていた。
社長には「M&Aによって大手企業の財務的な後ろ盾を得れば、X社はもっと成長できる」という確信があったのである。

上記2つの理由から、社長はM&Aを行うことを決断した。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。

M&Aの進め方、成約のポイント

買手候補選定の基本方針

A社を選定した理由

成果・効果

後継者問題の解決

会社の再成長

山田コンサルティンググループのM&A・事業承継とは

 
⇒M&A・事業承継の実務を語るコンサルタントインタビュー
 
⇒山田コンサルが提供するM&A・事業承継サービスの特徴