お問い合わせ

M&Aの買手が決まるも、MBO(現経営陣の承継)へ移行した事例

譲渡会社:X社

事業内容
製造業
エリア
北陸地方
売上規模
10~30億円

譲受会社:A社

事業内容
商社
エリア
全国展開
売上規模
200億円以上

当社の関わり方

図を拡大

背景・売手オーナー様の課題

X社の会長は創業者であり、30年以上事業を継続してきた。過去、幾度となく経営の危機に直面しては、その度に危機を乗り越えてきたが、今再び、経営に係る大きな悩みを抱えていた。後継者問題である。

会長は10年以上前から現社長に代表権を与えて、自らは経営から距離を置こうと考えてきた。しかし、経営の引き継ぎが上手く進まず、財務状況は悪化。代表者は据え置いたものの、会長が取締役として会社に戻り、実質的に経営を担う事となった。また、この出来事を境に現経営陣と会長との間に心理的な溝が生じてしまい、今後の会社の存続も含めて早急な対応が必要な状況であった。

その後も次期後継者は見つからないまま、会長は70歳を過ぎ、外部から経営人材の招聘も検討したが不発であった。そこで、最後の事業承継手段として考えたのがM&Aである。会長自身は当初、第三者に事業を引き渡すことに積極的ではなかったものの、従業員や得意先に迷惑をかけるわけにはいかないという強い思いからM&Aという決断に至った。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。

M&Aの進め方と顛末

買手候補選定の基本方針

A社を選定した理由

M&AからMBOへ移行した理由

結果

現経営陣の反発・MBO

山田コンサルティンググループのM&A・事業承継とは

 
⇒M&A・事業承継の実務を語るコンサルタントインタビュー
 
⇒山田コンサルが提供するM&A・事業承継サービスの特徴