お問い合わせ

上場大手アパレル企業のEC子会社カーブアウト事例

X株式会社

事業内容
ECモール運営事業
エリア
特になし
売上規模
非公表

B株式会社

事業内容
ECモール運営事業
エリア
特になし
売上規模
非公表

当社の関わり方

図を拡大

本件におけるポイント

案件概要

本件は上場大手アパレル企業(A社)の子会社でEC運営事業者(以下、「対象会社」)の譲渡案件である。

上場企業のバックグラウンドと幅広い商品アイテムを武器に業績を順調に拡大させてきたものの、足許の外部環境の悪化を主要因に業績が低迷、A社は対象会社の成長に限界を感じ、第三者への譲渡を決断した。

弊社はA社側のセルサイドアドバイザーとして、譲渡スキームの策定からエグゼキューションまで一貫して支援した。
本件は対象会社を新設分割で設立、事業対象外の事業をA社のグループ子会社に事業譲渡、買手への株式譲渡、という多工数の手続きを対応した。
加えて、上場会社の子会社対応の為、IR資料の策定支援や証券取引所対応(適時開示対応等)も併せて実施した。

クロージング後に、システム移行や物流倉庫の移転を実施するにあたって、クロージング以降の引継ぎ業務について、TSA(Transition Service Agreement)の条件も整えた。

背景・売り手オーナー様の課題

買手候補選定の基本方針

従業員の雇用維持

物流倉庫の統合が可能な先(物流費用の抑制が図れる先)

システム移行ができる先(買手のシステムに統合できる先)

成約のポイント

成果・効果

事業の選択と集中

収益性の改善