お問い合わせ

用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

EV/EBITDA倍率 (いーぶいいーびっだーばいりつ)

EV/EBITDA倍率とは、EV(Enterprise Value:事業価値)がEBITDAの何倍とされているかを表わす指標であり、世界的な株価比較の尺度として広く使われている。
事業価値をEBITDAの何年分で賄えるかを表すものであり、簡易買収倍率とも呼ばれている。
M&Aの際に使用される倍率の目安は国や業種ごとに様々である。

EVとはEnterpriseValueの略であり、一般的には事業価値を意味する。
企業の株式時価総額+ネット有利子負債(有利子負債-非事業用資産)で算出され、企業が将来稼ぐキャッシュフローの現在価値のことを指す。
EBITDAとは、「利払い前税引き前償却前利益」を意味し、簡便的には会計上の営業利益+各種償却費(主には減価償却費とのれん償却費)となる。

従って、EV/EBITDA倍率の算定式は、以下のようになる。
EV/EBITDA倍率=(株式時価総額+純有利子負債-非事業用資産+少数株主持分)/ (営業利益+減価償却費)

これについて対象企業に類似した企業の最大値、最小値、平均値をBloomberg等の情報端末を用いて取得し、それを対象企業のEBITDAに乗じて、当該企業を買収するのに必要な金額のレンジを求める。
対象企業の事業価値(EV)を、当該企業が営む事業と類似の事業を営む企業において平均的なEV/EBITDA倍率を用いて算定する価値の算定方法をEBITDA倍率法という。

この用語の同カテゴリーの用語