お問い合わせ

M&A事業承継 用語集 ホテル・旅館業

旅館業法 (りょかんぎょうほう / Hotel Business Act)

2018年(平成30年)6月15日に、改正旅館業法が施行された。
主な改正内容は、「ホテル営業」と「旅館営業」という種別を「旅館・ホテル営業」に統合して規制緩和されたこと、違法な民泊サービスの拡大を踏まえて無許可営業者等に対する規制が強化されたことである。

また主要な改正点は以下の通り

  • ・最低客室数の撤廃:1室からでも営業できるようになった
  • ・洋室の構造設備の要件の廃止:寝具は様式でなくてもよい、出入口・窓に鍵がかからなくてもよい、客室間の境が壁づくりでなくてもよい
  • ・客室の最低床面積の緩和:布団を置く客室は7平米以上、ベッドを置く客室は9平米以上となった
  • ・玄関帳場等の基準の緩和:旅館・ホテル営業であっても、事故が発生したときその他の緊急時における迅速な対応を可能とする設備を備えていること、宿泊者名簿の正確な記載、宿泊者との間の客室の鍵の適切な受渡し及び宿泊者以外の出入りの状況の確認を可能とする設備を備えていること、いずれも満たす場合には玄関帳場(フロント)を設置しなくてもよくなった

この用語の同カテゴリーの用語

無料 資料ダウンロード M&Aのノウハウが凝縮!! マンガでわかるM&Aの落とし穴 10選

M&A/事業継承マニュアル M&A/事業承継 基礎知識