お問い合わせ

用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

IM (あいえむ / Information Memorandum)

IMとは、Information Memorandum(インフォメーション・メモランダム)の略称である。
M&A取引において、売却対象となる企業・事業等に関する情報を詳細に記載した資料のことで、買手側はこれに記載されている情報に基づいて対象企業・事業の評価を行い、次の交渉に進むべきかの判断を行う。一般的には、売手のM&Aアドバイザーが作成する。

IMに記載される内容としては、会社の沿革、会社概要、過去の財務諸表とその内訳や分析、市場環境の分析、将来の事業計画などが代表的なものだが、決まったフォーマットがあるわけではなく、どこまで開示するかは売手とそのM&Aアドバイザーの判断に委ねられる。つまり、この段階では売手側のアピールにつながる情報を中心に開示されている、という可能性を疑うのが一般的な見方である。
そのため、IMの提示を受けた買手側は、開示されたデータの正確性を精査する必要があり、不明点は売手のM&Aアドバイザーを通じて売手企業に伝えられる。売手企業は、さらなる情報開示の要請に対して誠実に応じることで、買手側による事業の理解と相互の信頼関係が醸成され、M&A取引が次のステップに進む可能性が高まる。

この用語の同カテゴリーの用語

無料 資料ダウンロード M&Aのノウハウが凝縮!! マンガでわかるM&Aの落とし穴 10選

M&A/事業継承マニュアル M&A/事業承継 基礎知識