お問い合わせ

用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

マイノリティ・ディスカウント (まいのりてぃでぃすかうんと / Minority Discount)

マイノリティ・ディスカウントとは、会社の株式を取得する取引に当たって、株式取得者が当該株式取得によっても議決権の過半数を取得できない場合に、少数株主(=被支配株主)に留まる点に着目して対価から割引かれる価値をいう。

支配株主の株式価値を支配株主価値といい、少数株主の株式価値を少数株主価値といい、この差額をはコントロール・プレミアムといわれる企業を支配する株主が保有する支配権に相当する価値である。
コントロール・プレミアムが上乗せされている支配株主価値から少数株主価値をみたとき、その割引かれる部分がマイノリティ・ディスカウントという考えもある。

この用語の同カテゴリーの用語

無料 資料ダウンロード M&Aのノウハウが凝縮!! マンガでわかるM&Aの落とし穴 10選

M&A/事業継承マニュアル M&A/事業承継 基礎知識