M&A事業承継 用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

分割型分割 (ぶんかつがたぶんかつ / split-off)

会社分割において、分割会社の株主が分割会社に対して有する持株割合に応じて承継会社または設立会社から分割対価の交付を受ける組織再編の形態をいう。
人的分割とも呼ばれる。
この分割型分割によって、兄弟会社を作ることができる。

旧商法では、分割型分割として、会社分割に際して発行する株式を分割会社の株主に割り当てることができたが、会社法ではこの方法は廃止され、分社型分割のみとなった。
ただし、分社型分割の形で一度分割会社が株式を取得し、同時にそれを分割会社の株主に剰余金の配当として交付することで、これまでの分割型分割と同様の効果を得ることができることとした。

◆関連ワード
分社型分割

 
⇒会社分割によるM&Aの基礎知識
 
⇒平成29年度税制改正 スピンオフ税制の創設
 
bnr_1805dl
⇒平成30年度税制改正で納税猶予はどう変わる?

 
⇒事業承継とは | 事業承継税制、持株会社(ホールディングス)化のメリット・デメリット
 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒会社の買収とは | 企業買収の意味と仕組み
 

この用語の同カテゴリーの用語

事業継承・M&Aセミナー2018

無料 資料ダウンロード M&Aのノウハウが凝縮!! マンガでわかるM&Aの落とし穴 10選

M&A/事業継承マニュアル M&A/事業承継 基礎知識