お問い合わせ

これまでのM&Aニュース(2017年02月)

2017年2月9日

地域経済活性化支援機構、「千葉・江戸優り佐原 観光活性化ファンド」を通じて、NIPPONIA SAWARA不動産及びNIPPONIA SAWARAに投資実行

株式会社地域経済活性化支援機構のファンド運営子会社であるREVICキャピタル株式会社が株式会社RD観光ソリューションズと共同運営する「千葉・江戸優り佐原 観光活性化ファンド」は、株式会社NIPPONIA SAWARA不動産及び株式会社NIPPONIA SAWARAに対する投資を決定した。合わせて、地域経済活性化支援機構は、香取市、株式会社京葉銀行、佐原信用金庫、一般社団法人ノオト、バリューマネジメント株式会社とともに、「千葉県香取市の歴史的資源を活用した地域活性化に向けた連携協定」を締結した。
これにより、対象会社へ成長資金を供給し、地域の町並み整備機能を担うことを目的とした不動産保有・管理事業を行い、その不動産を地域町並みに合わせて再利活用するための運営管理を行うとともに、発信・集客・ランドオペレート機能を担うことで、地域の面的な活性化を推進するものとしている。

地域経済活性化支援機構は今後も、地域金融機関等と協力しながら、地域の歴史的資源を有効に活用し、地域の観光資源や産物などを活かした観光関連産業の活性化に資する事業への成長資金の供給と機構の専門人材の活用などにより、地域経済の活性化を支援していく。


news-toppage