これまでのM&Aニュース(2017年02月)

2017年2月27日

アジア航測〈9233〉、三井共同建設コンサルタントを持分法適用関連会社化

アジア航測株式会社は、業務提携関係にある三井共同建設コンサルタント株式会社の株式を既存株主から譲り受けによって取得したことにより、三井共同建設コンサルタントを2017年2月27日付で持分法適用関連会社とした。
これにより、河川事業、港湾事業、道路事業等の建設コンサルタント業務に強みを発揮する三井共同建設コンサルタントと空間情報コンサルタントとして強みを持つアジア航測が資本・業務両面での連結を強化することによる測量から設計までの3次元データの円滑な総合運用を目指すとしている。

異動後の保有株式数:47,000株(議決権保有割合23.5%)


news-toppage