お問い合わせ

これまでのM&Aニュース(2017年02月)

2017年2月28日

地域経済活性化支援機構、「八十二地域産業グロースサポート投資事業有限責任組合」を通じてスワニーに投資実行

株式会社地域経済活性化支援機構は、ファンド運営子会社であるREVICキャピタル株式会社が八十二キャピタル株式会社と共同運営する「八十二地域産業グロースサポート投資事業有限責任組合」を通じて、伊那市に本社を構え、3Dデータを駆使した製品設計・企画開発等を行っている有限会社スワニーへ、研究開発費他、事業拡大に伴う運転資金、設備資金を使途として、スワニーの中長期的な成長を支援する目的で投資を実行した。
これにより、スワニーは今後も3Dプリンタで造形した樹脂型による小ロット生産技術である「デジタルモールド」や「ハイブリッドモールド」等、魅力的な亜製品を作り出すために新たな生産技術・設計手法の確立に向け事業展開していくとしている。

株式会社地域経済活性化支援機構は、「八十二地域産業グロースサポート投資事業有限責任組合」を通じて、今後も長野県の地域産業を構成する個々の企業への成長資金や新規事業開拓資金の供給を行うことにより、地域経済の活性化ならびに雇用増加に貢献するとしている。


news-toppage