これまでのM&Aニュース(2017年03月)

2017年3月1日

タツモ〈6266〉、プリント基板製造装置メーカー・ファシリティを子会社化

半導体製造装置、各種搬送ロボット、液晶製造装置等の開発・製造・販売を行っているタツモ株式会社は、プリント基板製造装置の製造・販売を行っている株式会社ファシリティの株式を取得し子会社化することを決議した。
これにより、タツモはファシリティ所有の中国工場を製造拠点とすることができ、またメッキ処理に関するノウハウの蓄積が図れるとともに、両社の所有する技術にて半導体・液晶分野での共同開発およびシナジー効果を期待できるとしている。

取得価額:811百万円(概算額、アドバイザリー費用等概算36百万円含む)
取得後の所有株式数:263,000株(議決権所有割合100.0%)
株式譲受期日:2017年4月5日(予定)

〈取得する会社の概要〉
会社名:株式会社ファシリティ
所在地:神奈川県相模原市中央区
事業内容:プリント基板製造装置の製造、販売
(2016年1月期〉
純資産:747,780千円
売上高:3,141,070千円


news-toppage