これまでのM&Aニュース(2017年03月)

2017年3月22日

共和電業〈6853〉、タマヤ計測システムの株式を取得

ひずみゲージをコアスキルとした応力計測の総合メーカーである株式会社共和電業は、セイコーエプソン株式会社の100%子会社であり、ダムのたわみ測定装置、気象観測機器、測量機器および航海機器等、一連の計測機器を製造・販売しているタマヤ計測システム株式会社の株式を取得し、連結子会社化することについて決議した。
これにより、タマヤ計測システムが有するブランド力、ダム市場における高い市場占有率、オンリーワン商品および販売チャネル網を取り込むことで応力計測のリーディングカンパニーに向けて、更なる事業の拡大に資するとしている。

異動後の所有株式数:200株(議決権所有割合100%)
株式譲渡実行日:2017年3月31日

〈取得する会社の概要〉
会社名:タマヤ計測システム株式会社
所在地:東京都品川区南多い
事業内容:各種計測器の製造:販売
(2016年3月)
売上高:560百万円

〈株式取得の相手先会社の概要〉
会社名:セイコーエプソン株式会社
所在地:東京都新宿区新宿
事業内容:プリンター事業 (ホーム向けプリンター、オフィス向けプリンター、スキャナー、SIDM)、
     プロフェッショナルプリンティング事業 (商業プリンター、産業用プリンター、業務用小型プリンター)、
     ビジュアルプロダクツ事業 (プロジェクター、スマートアイウエア、高温ポリシリコンTFT液晶パネル)、
     ウエアラブル機器事業 (健康・スポーツ用ウエアラブル機器、ウオッチ、センシングシステム)、
     ロボティクスソリューションズ事業 (ロボットシステム、ICテストハンドラー)、
     マイクロデバイス事業 (水晶デバイス、半導体)、
     その他事業 (金属粉末、表面処理加工)、

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社 共和電業
所在地:東京都調布市調布ヶ丘
事業内容:官公庁、企業、大学等の実験研究分野における応力測定機器の製造販売。 産業機器・FA分野における工業用計装機器の製造販売。 ダム、橋梁、トンネル等をはじめ都市土木、港湾、海洋関連の各種土木建築用計測機器の製造販売。 各種計測コンサルタント業務。
資本金:17億2,399万円
上場証券取引所:東京証券取引所 第一部(証券コード6853)
発行済株式数:28,058,800株(2017年3月22日時点)


news-toppage