これまでのM&Aニュース(2017年04月)

2017年4月6日

ネクスグループ〈6634〉、衣料品販売事業社シーズメン〈3083〉と資本業務提携契約締結

株式会社ネクスグループは、衣料品等販売事業を営む株式会社シーズメンと資本業務提携を実施し、シーズメンの第三者割当による自己株式処分につきその全てを引受けることについて決議し、2017年4月6日付けで両社間で資本業務提携契約を締結した。

ネクスグループはIoT関連サービスを様々な産業分野に提供に注力しており、加えて2016年8月に、エスニック衣料・雑貨の輸入販売を行う株式会社チチカカを子会社化し、新たに服飾品の販売、トレードマークのライセンス事業、ファッション業界向けのIoT関連サービスの開発と普及に向けた取組を行うとともに、雑貨および衣料等の小売事業とブランドライセンス(商標権)を取り扱うライセンス事業であるブランドリテールプラットフォーム事業を収益基盤の一つとして成長させるため事業を推進している。

シーズメンは、複数のブランドを有し、全国53店舗を展開する衣料品販売を中心とする小売事業社で、昨今では雑貨類やレディースバッグ等の新規分野にも注力している。

シーズメンは、幅広い分野で協力できるパートナーシップを構築するとともに、自己株式を活用した資金調達による財務体質の強化をはかるべく、パートナーおよび自己株式の引受先を探しており、ネクスグループが取得価額が時価を基準としてディスカウントされた妥当なものであることから投資案件として実行に値するものと判断した。
加えて両社が注力している衣類品等小売事業にて同種であるもののターゲット層が異なるためお互いの顧客を奪うことなくマーケティング上の協力関係を築くことができ、同事業での目指す戦略と合致したため、本決議に至った。

これに伴い、ネクスグループは、シーズメンが保有する普通株式184,500株(保有割合19.01%)を90,958,500円で自己株式の処分の引受により、取得することを合意した。

これにより、ネクスグループが目指しているファッション業界向けのIoT関連サービスの開発と普及に向けた取組みとして、ICT等の技術を活用した新サービスの共同開発や、商品力・販売力の強化のための戦略的取組みの共同化の検討等が出来るようになり、両社のグループシナジーに資するとしている。

株式取得の払込期日:2017年4月24日

〈資本業務提携先会社の概要〉
会社名:株式会社シーズメン
所在地:東京都中央区日本橋久松町
事業内容:カジュアルウェアを主として扱う小売業
資本金:245,000千円
上場証券取引所:東京証券取引所 JASDAQ市場スタンダード(証券コード3083)
発行済株式数:975,000株

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社ネクスグループ
所在地:東京都港区南青山
事業内容:グループ企業の経営戦略策定及び経営管理、 介護・リハビリロボット等の企画、開発、販売、農業ICTの企画、開発、販売、各事業に附帯または関連する事業
資本金:18億1974万8千円(平成27年4月1日現在)
上場証券取引所:東京証券取引所 JASDAQ市場スタンダード(証券コード6634)
発行済株式数:15,030,195株


news-toppage