これまでのM&Aニュース(2017年04月)

2017年4月12日

日本紙パルプ商事〈8032〉、オセアニア地域におけるBJ BallグループとDoggettとの統合会社を子会社化

日本紙パルプ商事株式会社は、オーストラリアにおいてBJ ballブランドで紙を中心とした輸入卸売事業を行うPagepack (AU) Pty Ltdの株式を取得し、子会社化することを決議し、株式譲渡契約を締結した。

日本紙パルプ商事がPagepack (AU)の株式を取得するまでの間に、Pagepack (AU)はニュージーランドで同じくBJ ballブランドで同様の事業を行うPagepack (NZ) Limitedと、オーストラリアにおいて紙・紙製品等の輸入販売事業を行うK.W. Doggett & Co Pty Ltdを100%子会社化し、オセアニア地域における最大規模の紙・紙製品等の輸入販売企業グループを構成する予定。
この結果により、日本紙パルプはPagepack (AU)を通じて、Pagepack (AU)と Pagepack (NZ) によるBJ BallグループおよびK.W. Doggett & Coの各社全体を子会社化することとなる。

日本紙パルプ商事は、従来より、海外卸売事業における事業規模の拡大よおび収益力向上に向け、オセアニア市場における事業基盤の強化を検討しており、BJ BallグループおよびK.W. Doggett & Coは成長戦略において取扱い商品の拡大とそれを支えるグローバルベースでの安定的な商品供給体制の確立を模索していた。
上記より、BJ BallグループおよびK.W. Doggett & Coが経営統合したうえで、日本紙パルプ商事グループの一員として今後の事業展開を図ることが、経営基盤の強化やオセアニア地域における多種多様な紙・板紙、および関連商品の供給体制構築に資すると判断し、本決議に至った。

これにより、日本紙パルプ商事は、オセアニア地域での紙卸売マーケットにおける地位を飛躍的に高め、同時に、日本紙パルプ商事グループのグローバルネットワークの更なる強化・活用を推し進め、日本紙パルプ商事の取り扱う多種多様な商品をPagepack (AU)を通じて、BJ BallグループおよびK.W. Doggett & Coの統合会社に供給するシナジー効果をより一層向上させることが可能としている。

取得価額:6,684百万円(概算額、アドバイザリー費用等250百万円含む)
異動後の所有株式数:8,189,659,632株(議決権所有割合51.0%)
株式譲渡実行日:2017年7月(予定)

〈取得する会社の概要〉
会社名:Pagepack (AU) Pty Ltd
所在地:221-251 Discovery Road, Dandenong VIC 3175, Australia
事業内容:紙・包装資材・インクの輸入卸売
資本金:3,346百万円
(2016年3月期)
連結純資産:3,781百万円
連結売上高:24,648百万円

会社名:Pagepack (NZ) Limited
所在地:121 Hugo Johnston Drive, Penrose, Auckland, 1061, NZ
事業内容:紙・包装資材・インクの輸入卸売
資本金:1,976百万円
(2016年3月期)
連結純資産:3,382百万円
連結売上高:15,837百万円

会社名:K.W. Doggett & Co Pty Ltd
所在地:Level 9 575 Bourke Street Melbourne Vic 3000
事業内容:Doggett氏一族の資産管理
資本金:343円

〈当該会社の概要〉
会社名:日本紙パルプ商事株式会社
所在地:東京都中央区勝どき
事業内容:紙・包装資材・インクの輸入卸売、燃料類、化成品、工業薬品、紙加工用機械、事務用機器、建材の売買および輸出入等
資本金:166億4,892万円(2016年3月31日現在)
上場証券取引所:東京証券取引所 第1部上場(証券コード8032)
発行済株式数:150,215千株(2016年3月31日現在)


news-toppage