これまでのM&Aニュース(2017年07月)

2017年7月28日

広島ガス〈9535〉、中国電力とバイオマス混焼発電事業を実施する合弁会社を設立

広島ガス株式会社は、中国電力株式会社と合弁会社を設立し、バイオマス混焼発電事業を実施することについて決議した。

両社は、広島県安芸郡海田町にある広島ガスの海田基地におけるバイオマス混焼発電所の事業可能性について検討を進めてきた。
その中で、本事業は、地元の電気事業者とガス事業者が共同し、既存のインフラやノウハウを活用した新たな電源の構築を目指すと共にバイオマス発電の導入により再生可能エネルギーの普及拡大に貢献するものであり、また、本事業ではバイオマス燃料として、広島県内で生産される未利用木材や林地残材、海外の木質系バイオマス等、さまざまな資源の活用を検討できるものと判断し、本決議に至った。

これにより、再生可能エネルギーの普及拡大、ならびに広島県内の資源を広く有効活用することを通じ、地域の発展に貢献するとしている。

合弁会社設立日:2017年10月(予定)

〈発電所の概要〉
発電所の名称:未定
所在地:広島県安芸郡海田町明神町
使用燃料:バイオマス(うち国内材は広島県内から調達)、石炭、天然ガス

〈合弁会社の概要〉
会社名:未定
所在地:広島県安芸郡海田町明神町
事業内容:バイオマス混焼発電所の建設、運転、保守および電力の販売
資本金:200百万円
出資比率:広島ガス株式会社50%、中国電力株式会社50%

〈合弁会社を設立する相手先会社の概要〉
会社名:中国電力株式会社
所在地:広島県広島市中区小町
事業内容:電力事業 他
資本金:185,527百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード9504)
発行済株式数:371,055,259株

〈当該会社の概要〉
会社名:広島ガス株式会社
所在地:広島市南区皆実町
事業内容:ガス事業、ガス器具の販売、液化天然ガスの販売
資本金:51億8千1百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード9535)
発行済株式数:67,998,590株