これまでのM&Aニュース(2017年08月)

2017年8月4日

トヨタ自動車〈7203〉とマツダ〈7261〉、持続的協業関係強化及び業務資本提携に関する合意書締結

トヨタ自動車株式会社と、マツダ株式会社は、持続的な協業関係の更なる強化を目的とした業務資本提携に関する合意書を締結した。

自動車産業は持続的成長を目指すものの、市場ニーズの多様化、環境・安全にかかわる規制強化、先進技術の高度化、異業種参入、モビリティビジネスの多様化等が複雑に絡み合い、自動車産業そのものが大きな変革の時期を迎えている。
このような経営環境の変化に対して、両社はこれまで培ってきたモノ造り力、技術力や事業基盤の更なる強化に努めるだけでなく、両社の協業関係構築により、持続的成長を可能とする体制を整えていく必要があると考えており、両社で、対等かつ良好な関係を長期に渡り構築する基本的な協業精神のもと、相互にシナジー効果を発揮しうる分野について協議した結果、本決議に至った。

これにより、今後両社の更なる持続的、発展的提携強化・加速につなげる為、具体的な共同プロジェクトとして、「米国への完成車の生産合弁会社設立」、「電気自動車の共同技術開発」、「コネクティッド技術の共同開発」、「先進安全分野における技術連携」、「商品補完の拡充」を推進していくとしている。

資本提携の内容として、両社は相互に株式を取得する。
トヨタ自動車は、松田が実施する第三者割当による新株式発行によりマツダの普通株式31,928,500株(増資後の発行済株式総数に対する所有割合5.05%、総額500億円)を取得する。
また、マツダはトヨタ自動車が実施する第三者割当による自己株式の処分により同額相当のトヨタ自動車株式(発行済株式総数に対する所有割合0.25%)を取得する。
両社は、第三者割当増資および第三者割当による自己株式の処分を通じて米子kうでの完成車の生産合弁会社の設立に関わる設備投資資金の一部へ充当する予定。

株式取得日(払込期日):2017年10月2日

〈資本業務提携相手先会社の概要〉
会社名:トヨタ自動車株式会社
所在地:愛知県豊田市トヨタ町
事業内容:自動車の生産・販売
資本金:6,354億円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部、名古屋証券取引所 市場第1部、札幌証券取引所、福岡証券取引所(証券コード7203)
発行済株式数:3,262,997,492 株

〈当該会社の概要〉
会社名:マツダ株式会社
所在地:広島県安芸郡府中町新地
事業内容:乗用車・トラックの製造、販売など
資本金:2,589億5,709万6,762円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード7261)
発行済株式数:599,875,479株