これまでのM&Aニュース(2017年08月)

2017年8月9日

石川製作所〈6208〉、航空機搭載電子機器メーカー関東航空計器を子会社化

機雷、地雷等の待受型迎撃装備を中心とした防衛機器と、段ボール製函印刷機を中心とした民生用機械を製造販売する機械製造メーカーである株式会社石川製作所は、航空自衛隊の主要な航空機に搭載するフライトデータレコーダーを始めとする搭載電子機器を防衛用航空機・艦船・車両向けに製造販売する電子機器製造会社である関東航空計器株式会社の全株式を取得し、子会社化することについて決議した。

石川製作所は、特に防衛機器については海上自衛隊、陸上自衛隊向けの装備品を納入しており、自衛隊研究開発部隊との共同開発を含め、防衛機器分野では主要な納入会社となっている。
技術開発の先端の東京研究所を中心に、陸・海・空自衛隊と良好な関係を築いているが、納入主体は海・陸自衛隊向けであり、航空自衛隊への納入実績は薄く、また海・陸自衛隊でも航空機分野には取引がない。
一方、関東航空計器は、航空自衛隊が納入主体であり、加えて海・陸自衛隊の航空機分野にも堅実な納入実績を有している。
メカニクスに強いとしている石川製作所の機械技術と、電子技術を主体とした関東航空計器のIT技術が強く一体化した防衛装備環境で、主要顧客・主要技術ともに保管関係が強い組み合わせとなり、シナジー効果の追求することが出来ると判断し、本決議に至った。

これにより、両社の強みを活かして顧客面、技術・商品面両面より今後の事業拡大を目指し、技術革新と新製品の開発に研鑽するとしている。

取得価額:472百万円(概算額、アドバイザリー費用等20百万円含む)
異動後の所有株式数:1,200,000株(議決権所有割合100.0%)
株式譲渡実行日:2017年8月31日(予定)

〈取得する会社の概要〉
会社名:関東航空計器株式会社
所在地:神奈川県藤沢市本藤沢
事業内容:防衛用を中心とした航空機・船舶・車両等用電子機器の製造販売
資本金:480百万円
(2017年3月期)
純資産:1,355百万円
売上高:4,158百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社石川製作所
所在地:石川県白山市福留町
事業内容:機械製造・販売(段ボール製函印刷機、繊維機械、システム機器、防衛機器)
資本金:20億円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード6208)
発行済株式数:6,385,972株