これまでのM&Aニュース(2017年08月)

2017年8月10日

東急不動産、日本再生可能エネルギーインフラ投資法人〈9283〉のスポンサーと資本業務提携

東急不動産株式会社は、日本日本再生可能エネルギーインフラ投資法人のスポンサー兼オペレーターであるリニューアブル・ジャパン株式会社と、再生可能エネルギー発電事業の共同推進を目的とした業務提携とリニューアブル・ジャパンが第三者割当増資により発行する普通株式の一部を東急不動産が約5億円引き受ける資本提携を行うことを決定した。

リニューアブル・ジャパンは、再生可能エネルギー事業のディベロッパーとして、再生可能エネルギー発電施設等の企画、開発、EPC(設計、調達、建設)、発電所の運営、保守管理(O&M)を行っている。
東急不動産は、総合不動産ディベロッパーとして多岐にわたる開発事業を手掛けており、メガソーラー(再生可能エネルギー発電所事業)の開発実績がある。
今回の提携により、アセットマネジメント事業の領域と収益を獲得し、インフラ投資分野における新たな投資対象資産の拡大に取り組める為、本決議に至った。

これにより、再生可能エネルギー発電事業の推進とともに、インフラファンド市場の成長と活性化に大きく寄与するとしている。
具体的には、東急不動産とリニューアブル・ジャパンは、それぞれ両社が有する再生可能エネルギー発電事業に関するノウハウを共同活用することで、再生可能エネルギー発電事業を推進し、さらに東急不動産はリニューアブル・ジャパンと再生可能エネルギー発電設備の共同出資ファンドの組成を目指し、両社が共同出資するファンドが保有する再生可能エネルギー発電設備を今後、当投資法人に対して優先的に供給する計画としている。

〈資本業務提携先会社の概要〉
会社名:リニューアブル・ジャパン株式会社
所在地:東京都港区虎ノ門
事業内容:再生可能エネルギー事業
資本金:409百万円

〈投資法人の概要〉
会社名:日本再生可能エネルギーインフラ投資法人
所在地:東京都港区虎ノ門
事業内容:再生可能エネルギー発電設備等の保有および運営

〈当該会社の概要〉
会社名:東急不動産株式会社
所愛知・東京都港区南青山
事業内容:総合不動産ディベロッパー
資本金:57,552百万円