これまでのM&Aニュース(2017年08月)

2017年8月24日

ユニー・ファミリーマートHD〈8028〉、ドンキホーテHD〈7532〉と資本・業務提携

ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社は、株式会社ドンキホーテホールディングスと、両社の強み・ノウハウを活かした両社事業の強化を目的とした業務提携および、ユニー・ファミリーマートホールディングスの100%子会社であるユニー株式会社の株式の一部をドンキホーテホールディングスに譲渡することを内容とする資本提携に関わる基本合意書の締結についてそれぞれ決議し、本日付けで基本合意書を締結した。

ユニー・ファミリーマートホールディングスとドンキホーテホールディングスは、ユニー・ファミリーマートホールディングスが主力とするコンビニエンスストア事業および総合小売事業、ドンキホーテホールディングスが強みとするディスカウントストア事業の三業態それぞれの経営資源や独自の強み・ノウハウを活かした協業や相乗補完効果の獲得を目的として、両社の業務提携に向けた検討を進めてきた。
今回の検討の結果、本業務提携の推進に加えて、総合小売事業を成長させるためには、食品事業等、ユニーの従来の強みを一層強化しつつ、ドンキホーテホールディングスが有する若年層を含めた幅広い客層からの指示、アミューズメント性の強い時間消費型店舗の展開、ナイトマーケットやインバウンド市場への対応等ノウハウを活用していくことが、ユニーの中長期的な企業価値の向上に資すると判断し、総合小売事業については、業務提携による協業のみならず、資本を含めた緊密な連携を行うことを決定した。

これにより、業務提携として小売事業では、一部ユニー店舗のダブルネームへの転換、ユニーの閉鎖予定店舗等をドンキホーテブランドへの転換、ファミリーマート店舗のドンキホーテホールディングスの子会社が運営する一部店舗への展開、デジタルソリューションの共同開発ならびにビックデータの活用、商品の共同開発・共同仕入れ・共同販促、物流機能の合理化、海外市場および新業態開発での協業、金融等サービス導入等を推進するとしている。

また、資本提携としてユニー・ファミリーマートホールディングスの100%子会社であるユニーの株式の一部である80,000株(議決権所有割合40.0%)をドンキホーテホールディングスに譲渡する。

〈譲渡対象会社の概要〉
会社名:ユニー株式会社
所在地:愛知県稲沢市天池五反田町
事業内容:衣・食・住・余暇にわたる総合小売業のチェーンストア
資本金:10,000百万円

譲渡株式数: 80,000株
譲渡後の所有株式数:ユニー・ファミリーマートHD 120,000株(所有割合60%)、ドンキホーテHD 80,000株(所有割合40.0%)

〈資本・業務提携先会社の概要〉
会社名:株式会社ドンキホーテホールディングス
所在地:東京都目黒区青葉台
事業内容:グループ会社株式保有によるグループ経営企画・管理、子会社の管理業務受託、不動産管理等
資本金:22,425百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード7532)
発行済株式数:158,178,760株

〈当該会社の概要〉
会社名:ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社
所在地:東京都豊島区池袋
事業内容:総合小売事業、コンビニエンスストア事業等の持株会社
資本金:16,658百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部、名古屋証券取引所 市場第1部(証券コード8028)
発行済株式数:126,712,313株