これまでのM&Aニュース(2017年09月)

2017年9月1日

チエル〈3933〉、SOFTCAMP JAPANおよびVenture Bridge Co.,Ltd.と情報セキュリティ事業を実施する合弁会社を設立

チエル株式会社は、学校市場向けシステムリカバリソフトの開発元である韓国・SOFTCAMPの日本法人であるSOFTCAMP JAPAN株式会社および、チエルのパートナー開発会社であるVenture Bridge Co.,Ltd.の3社による新会社としてSHIELDEX株式会社を設立することを決議、合意した。

近年、官公庁・民間企業の情報セキュリティをとりまく環境は、情報漏えいのリスクが増大しており、教育現場においてもICT化が進む一方で、十分な対策が施されず、情報漏えいが後を絶たない。
また、今後IoTの普及とともにネットワークへの説僕機器が大幅に増加することが予測されており、官民問わず、情報セキュリティの強靭化が求められている。
その中で、チエル、SOFTCAMP JAPAN、、Venture Bridgeは情報セキュリティの新たなソリューションを提供する為、本決議に至った。

これにより、3社の開発力と販売力を融合し、新たな情報セキュリティのソリューションとしてメールおよびファイルの無害化ソフトを、学校市場に留まらずエンタープライズ市場まで幅広く提供することを目的とする。

合弁事業会社設立日:2017年9月12日(予定)
合弁事業会社営業開始日:2017年10月2日(予定)

〈合弁事業会社の概要〉
会社名: SHIELDEX株式会社
所在地:東京都品川区東品川
事業内容:情報セキュリティ製品の企画、開発および販売
資本金:20百万円
出資比率:SOFTCAMP JAPAN株式会社 51.0%、チエル株式会社 39.0%、Venture Bridge Co.,Ltd. 10.0%

〈合弁相手先会社の概要〉
会社名:SOFTCAMP JAPAN株式会社
所在地:東京都品川区東五反田
事業内容:情報セキュリティ、ドキュメントセキュリティの分野に特化したソフトウェアの企画、開発および保守等
資本金:1,500万円

会社名:Venture Bridge Co.,Ltd.
所在地:大韓民国ソウル特別市グロー区33ギル デジタルロー
事業内容:ソフトウェア開発、検証およびコンサルティング
資本金:500百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:チエル株式会社
所在地:東京都品川区東品川
事業内容:教育用ソフトウェア、ネットワークおよびシステムの企画・研究開発、コンサルティング、操作要員・技術要員等の指導者育成、情報通信サービス及び情報提供サービスに関する業務等
資本金:3億2千1百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 JASDAQ市場スタンダード(証券コード3933)
発行済株式数:3,818,400株


 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力