これまでのM&Aニュース(2017年09月)

2017年9月12日

ソフトフロントホールディングス〈2321〉、光通信と合弁会社を設立および電力等の媒介販売事業を開始

株式会社ソフトフロントホールディングスは、株式会社光通信と各種製品・サービスの媒介販売を目的とした合弁会社を設立し、および当該合弁会社において電力等の媒介販売事業を新たに開始することについて決議した。

ソフトフロントホールディングスは、「コミュニケーション・プラットフォームの提供」および「ネットとリアルの融合」の2つを新たな中核事業を掲げ、M&Aや事業提携を積極的に展開し、事業規模を拡大している。
更なる業績の拡大・黒字転換を確実なものとするためには営業力の強化が喫緊の課題であると認識しており、光通信との間で媒介販売事業を推進する合弁会社を設立にすることについて合意することとなった。
これにより、光通信グループが有する優れた営業ノウハウや、人材の供給を受けることで、ソフトフロントホールディングスの営業力の強化、ひいては全体の業績拡大に繋げることが出来るとしている。

合弁会社設立日:2017円9月13日(予定)
事業開始日:2017年10月2日(予定)

〈合弁会社の概要〉
会社名:株式会社ソフトフロントマーケティング
所在地:東京都千代田区永田町
事業内容:「ハルエネでんき」、「ITソリューション」の媒介販売 他
資本金:9,900千円
大株主および持株比率:株式会社ソフトフロントホールディングス65%、株式会社光通信35.0%

〈合弁相手先会社の概要〉
会社名:株式会会社光通信
所在地:東京都豊島区西池袋
事業内容:移動体通信事業、OA機器販売事業、インターネット関連事業他
資本金:54,259百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード2321)
発行済株式数:22,284,520株
(2017年3月期)
連結純資産:180,459百万円
連結売上高:428,913百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社ソフトフロントホールディングス
所在地:東京都千代田区永田町
事業内容:持株会社
資本金:39億8936万円
上場証券取引所:東京証券取引所 JASDAQ市場グロース(証券コード9435)
発行済株式数:47,749,642株


 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力