これまでのM&Aニュース(2017年09月)

2017年9月15日

さくらインターネット〈3778〉、北海道のインターネットサービス会社ビットスターを子会社化

さくらインターネット株式会社は、ビットスター株式会社の発行済普通株式を取得するとともに、同社の代表取締役である前田章博氏と、前田氏が所有するビットスター普通株式の取り扱い等に関して、さくらインターネットと同一の内容の議決権が行使されることとなることなど定めた株主間契約を締結することを決議し、ビットスターを連結子会社化することとなった。

さくらインターネットは、コスト競争力の高いデーターセンター(ホスティング・ハウジング)事業を展開し、ITインフラサービスの拡充に努めてきた。
一方で、ビットスターは北海道札幌市を拠点に運用保守サービス・システム開発・ウェブデザインを提供する会社で、他社にない柔軟性やスピード感を武器に情報システム部門を持たない中小規模の企業を中心とした顧客に支持を得ている。
両社は業務提携関連にあり、本業での連携と共に、OSS「Hatohol」の共同研修や子供向けプログラミング教室の主催等様々な分野で提携関係を深めてきた。

これにより、さくらインターネットが石狩データーセンター開所以来、深めてきた北海道地域への事業展開を一層強化するとともに、ビットスターの開発・運営技術に関するノウハウを活用することで、より多くの顧客に高品質で低価格なITプラットフォームの提供に努めるとしている。

取得価額:105百万円
異動後の所有株式数:420株(議決権所有割合 直接42.0%、間接含めて82%)
株式譲渡実行日:2017年9月29日(予定)

〈取得する会社の概要〉
会社名:ビットスター株式会社
所在地:北海道札幌市中央区南
事業内容:インターネットサービス事業、各種サービスインテグレート事業等
資本金:10,000千円
(2016年12月期)
純資産:54百万円
売上高:437百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:さくらインターネット株式会社
所在地:大阪府大阪市北区大深町
事業内容:インターネットへの接続サービスの提供、インターネットでのサーバの設置およびその管理業務、電気通信事業法に基づく電気通信事業、インターネットに関するコンサルティング、コンピュータソフトウェアの企画・開発およびその販売等
資本金:22億5,692万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード3778)
発行済株式数:37,620,700株

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力