お問い合わせ

これまでのM&Aニュース(2017年09月)

2017年9月19日

オカダアイヨン〈6294〉、林業機械・スクラップ機械メーカーの南星機械、南星ウインテックおよび暁機工を子会社化

オカダアイヨン株式会社は、株式会社南星より、林業機械、クレーン、機械材料等のメーカーである株式会社南星機械株式会社南星ウインテックおよび暁機工株式会社の発行済株式の全てを取得し、子会社化することについて決議した。

オカダアイヨンは、圧砕機や油圧ブレーカ等の建物解体用建機アタッチメントの製造・販売を主たる事業とし、木材破砕機や産業処理機等の林業機械、環境機械も取り扱っている。
一方、南星機械は主にウインチはじめとした林業機械、スクラップ用機械および車載・船用クレーン等の製造・販売を、南星ウインテックは主に大型ウインチ、索道、ケーブルクレーン等の製造・販売・工事受託を行っており、また、暁機工は機械材料や各種機器の販売に加え、南星機械グループの仕入部門も担っている。
オカダアイヨンは、2020年度に向け、更なる事業拡大を図る中、国内事業においては開発・製造から販売、メンテナンスまで対応できる一気通関のビジネスモデルをさらに盤石にするための「バリューチェーンの強化」の一つとして、本決議に至った。

これにより、両グループの技術力の融合や、人材の協業により、相互のビジネスモデルをさらに強固にし、双方の顧客に対しより高い水準での商品サービスを提供できる体制を整え、市場シェアの拡大と経営基盤の強化、ひいては古語の両グループの更なる拡大が実現できるとしている。
具体的には、オカダアイヨンにとっては南星機械グループの林業機械、スクラップ用機械等の商品ラインナップの生産体制が、一方、南星機械グループにとっては岡田アイヨングループの販売力とメンテナンス体制が各々のバリューチェーンの課題を保管し、双方ともにシナジー効果を得られるものと考えている。

取得価額(3社合計):828,000千円(概算額、アドバイザリー費用等概算28,000千円含む)
異動後の所有株式数:南星機械600株(議決権所有割合100.0%)、南星ウインテック200株(議決権所有割合100.0%)暁機工300株(議決権所有割合100.0%)
株式譲渡実行日:20187年10月2日(予定)

〈取得する会社の概要〉
会社名:株式会社南星機械
所在地:熊本県菊池市泗水町吉富
事業内容:車載・船用クレーン、ローダー、グラップル等の設計、製造、販売
資本金:30,000千円
(2017年3月期)
純資産:94,650千円
売上高:2,238,136千円

会社名:株式会社南星ウインテック
所在地:熊本県菊池市泗水町吉富
事業内容:ウインチ、索道、ケーブルクレーン等の設計、製造、販売、工事受託
資本金:10,000千円
(2017年3月期)
純資産:34,360千円
売上高:921,707千円

会社名:暁機工株式会社
所在地:熊本県菊池市泗水町吉富
事業内容:産業機械用の機材および部品、工具の販売
資本金:10,000千円
(2017年3月期)
純資産:136,550千円
売上高:1,205,516千円

〈当該会社の概要〉
会社名:オカダアイヨン株式会社
所在地:大阪府大阪市港区海岸通
事業内容:建設機械の製造、販売、修理
資本金:1,473百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード6294)
発行済株式数:7,228,700株

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力