お問い合わせ

これまでのM&Aニュース(2017年09月)

2017年9月25日

スズケン〈9987〉、医療機器メーカーのヤマト科学と資本業務提携

株式会社スズケンは、科学機器メーカー及び高度先端機器取扱商社のヤマト科学株式会社との間で、資本業務提携を行うことについて決議した。

スズケンは、医薬品卸と医療機器メーカーとして、海外も含めて事業を展開している。
一方、ヤマト科学は、理化学機器、試験研究設備、分析・計測機器、産業試験検査機器、医療機器のメーカーとして、また研究開発全般およびものづくり・生産技術に必要な高度先端機器を取り扱う商社として、事業展開している。
スズケンは、薬剤管理用冷蔵庫の開発・製造をヤマト科学に委託するとともに、その運用・保守・配送を共同して行っており、今後も共同の取組みによって新たなソリューションの提供がより一層出来ると判断し、本決議に至った。

これにより、製薬企業や医療機関、保険薬局、患者への新たな価値を創造するために、革新的な製品とサービスの開発を両社の相互の信頼関係を基盤とし協力して推進するとしている。

資本提携の内容として、スズケンは、ヤマト科学の発行済株式を300,000株(発行済株式に対する割合2.7%)を取得する。

〈資本業務提携先会社の概要〉
会社名:ヤマト科学株式会社
所在地:東京都中央区日本橋本町
事業内容:理科学機器、試験研究せつび、分析・計測機器、試験・検査機器、医療機器の開発・製造および国内外への販売他
資本金:100,000,000円

<当該会社の概要>
会社名:株式会社スズケン
所在地:愛知県名古屋市東区東片端町
事業内容:医療用医薬品、試薬、医療用機器、医療材料、食品などの販売、ならびに医療用機器の開発製造
資本金:135億46百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部、名古屋証券取引所 市場第1部、札幌証券取引所(証券コード9987)
発行済株式数:103,344千株


 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力