これまでのM&Aニュース(2017年09月)

2017年9月29日

アイダエンジニアリング〈6118〉、産業機械用自動制御装置メーカー日本リライアンスと同装置メンテナンス会社RASを子会社化

アイダエンジニアリング株式会社は、産業機械用自動制御装置等の開発・製造・販売を行っている日本リライアンス株式会社の株式の80%を取得し、子会社化することについて決議した。
合わせて、本株式取得に伴い、日本リライアンスの100%子会社である産業機械用自動制御装置等のメンテナンス業務を行う株式会社RASはアイダエンジニアリングの孫会社となる。

アイダエンジニアリングは、プレス成形システムの総合メーカーとして、プレス機械を中核として材料供給装置や地度う搬送装置等付帯設備も含めた生産ライン全体のソリューションを提供してきた。
一方、日本リライアンスおよびRASは、産業機械用自動制御装置メーカーとして、プレスメーカー、自動車、鉄鋼関連企業を中心にプレスラインシステム制御装置、プロセスライン制御装置、サーボドライブ等の豊富な納入実績を有している。
近年、生産性向上のための生産設備の自動化・ロボット化へのニーズがグローバルベースで高まる中、アイダエンジニアリングが提供するプレス成形システムにおいても自動化のための技術力・開発力の向上が急務となっていることから、自動機(FA)分野を重点事業と位置付け、プレス機械周辺の自動化に向けたシステム開発力を強化すべく、積極的な投資を行う戦略を掲げており、その一環として本決議に至った。

これにより、アイダエンジニアリンググループにおける自動化システム開発力の強化と、製品の競争力アップが実現できるとともに、両社の技術力と顧客基盤を足掛かりとした新たな事業領域の開拓も展望できるとしている。

取得価額:2,030百万円(概算額、アドバイザリー費用等概算30百万円)
異動後の所有株式数:480,000株(議決権所有割合80.0%)
株式譲渡実行日:2017年11月1日(予定)

<取得する会社の概要>
会社名:日本リライアンス株式会社
所在地:神奈川県横浜市金沢区福浦
事業内容:産業機械用駆動装置の製造・販売
資本金:300百万円
(2017年3月期)
純資産:858百万円
売上高:4,491百万円

会社名:株式会社RAS
所在地:神奈川県横浜市金沢区幸浦
事業内容:産業機械用駆動装置のサービスメンテナンス業務
資本金:30百万円
(2017年3月期)
純資産:508百万円
売上高:1,162百万円

<当該会社の概要>
会社名:アイダエンジニアリング株式会社
所在地:神奈川県相模原市緑区大山町
事業内容:プレス機械、各種自動加工ライン、産業用ロボット、各種自動送り装置、金型等の製造・販売
資本金:78億3,101万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード6118)
発行済株式数:7,364万7,321株

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力