これまでのM&Aニュース(2017年10月)

2017年10月2日

日本創発グループ〈7814〉、大判サインディスプレイ制作・施工会社のハル工房を子会社化

株式会社日本創発グループは、主にパネル加工およびイベント等の展示パネル制作や大判プリント(サインディスプレイ)の制作及び施工を専業としてきた株式会社ハル工房の株式を2017年10月5日付けで取得し子会社化することにした。

日本創発グループは、クリエイティブサービスを事業として、顧客の創造性を表現するために必要である多才なソリューションを提供する為、幅広いビジネスを積極的に展開、推進し、汎用的な一般情報紙への印刷に留まらず、特殊素材・立体物への印刷に加え、多岐にわたるカタチあるモノ(ノベルティ・フィギュア・3Dプリンター造形等)やデジタルコンテンツのソリューション提供を行っている。
子会社の東京リスマチック株式会社のパネル事業およびサイン事業のサービス開始から数年の間、パネル加工や大判プリントおよび施工に関する様々な技術およびぬおハウを教示してもらっていた経緯があり、日本創発グループとハル工房は関わりが深い会社であり、2020年の東京オリンピックに向けて各種イベントや、ビル壁面等の大型サインの制作や、新製品発売・発表にあわせ直前に施工することが出来る日本創発グループへのニーズは今後とも増加が見込まれている為、本決議に至った。

これにより、大判加工・施工体制を拡充することが可能となり、増加するサインディスプレイ需要に対して、プリントから施工までの納期短縮や様々な施工への対応力が一層強化されることとなり、サイン事業におけるワンストップサービス向上に資するとしている。

株式取得日:2017年10月5日
取得後の持株比率: 100.0%

〈取得する会社の概要〉
会社名:株式会社ハル工房
所在地:東京都江東区枝川
事業内容:パネル加工およびイベント等の展示パネル制作や大判プリント(サインディスプレイ)の制作及び施工
資本金:15百万円
(2017年3月期)
売上高:163百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社日本創発グループ
所在地:東京都荒川区東日暮里
事業内容:広告およびデザインに関する各種データの情報処理、出版物に関する企画:制作等を行う子会社等の経営管理およびそれに附帯または関連する業務
資本金:400百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 JASDAQ市場(証券コード7814)
発行済株式数:12,187,280株


 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力