これまでのM&Aニュース(2017年10月)

2017年10月26日

システナ〈2317〉、米国にIoTソリューションおよびデジタルプロバイダ事業を展開する合弁会社を設立

株式会社システナは、自社連結子会社であるSystena America Inc.を通じて、米国テキサス州を拠点として、AT&T、Cricket Wireless、HPE、Landmark Australia、Zoom Inc.等グローバルで数多くの企業にIoTプラットフォームを販売し、IoTソリューションの開発・提供を手掛けるPlasma Bisiness Intelligence, Inc.と合弁会社を設立し、持分法適用関連会社化することについて決議した。

米国内外における、昨今のIoT関連ビジネスの需要の高まりを受け、グローバル事業強化を目的として、本決議に至った。

これにより、Plasma Bisiness Intelligence, Inc.のIoT技術とシステナグループの持つモバイル・ロボティクス分野の技術を融合させ、グローバルでのIoTビジネスの推進を図るとしている。

〈合弁会社の概要〉
会社名:O.N.E,Inc.
所在地:3010 LBJ Freeway, Suite 1515 Dallas TX, 75234, USA
事業内容:IoT、ロボティクスおよびAIソリューションの企画・開発・販売ならびにIoTを通じた企業デジタル化のプロバイダ事業
資本金:6百万米ドル(681,420千円)
出資比率:Systena America Inc. 50.0%、Plasma Bisiness Intelligence, Inc. 50.0%

〈合弁相手先会社の概要〉
会社名:Plasma Bisiness Intelligence, Inc.
所在地:3010 LBJ Freeway, Suite 1515 Dallas TX, 75234, USA
事業内容:自社の主力プラットフォームを利用した企業向けIoTソリューションの企画・構築・販売
大株主および持分比率:PHI Inc. 100.0%

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社システナ
所在地:東京都港区海岸
事業内容:ソリューションデザイン事業、フレームワークデザイン事業、ITサービス事業、ソリューション営業、クラウド事業
資本金:15億1,375万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード2317)
発行済株式数:28,180,000株


 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力