これまでのM&Aニュース(2017年10月)

2017年10月27日

トッパン・フォームズ〈7892〉、エネルギーマネジメントサービス会社のMTESと資本提携

トッパン・フォームズ株式会社は、低消費電力ながら長距離伝送できる通信方式(LoRa)を活用したIoTソリューションをエネルギーや介護の分野で提供しているMTES株式会社が実施する第三者割当増資の一部を引受け、資本提携契約を締結した。

トッパン・フォームズは、日本国内で研究開発・製造を行う等高い機能性や品質を持つ無線通信による固体認識(RFID)分野を中心としたIoTソリューションを提供している。
トッパン・フォームズの強みであるRFID技術ととMTESのLoRa技術を組み合わせ、製造や物流、医療・介護等様々な分野に適応可能なIoTソリューションの開発・提供を目的として、本決議に至った。

これにより、両社の強みを組み合わせることで、データの取得から上位システムへのデータ連携までを高いセキュリティ環境の元に行うことが出来、より適応範囲の広い独自のIoTソリューションの開発を推進することで、ITイノベーション事業の強化に繋げるとしている。

〈資本提携先会社の概要〉
会社名:MTES株式会社
所在地:東京都中央区新富
事業内容:EMS(エネルギーマネジメントサービス)事業、環境事業関連製品の開発・製造・販売事業、屋上太陽光発電事業、IoTソリューション事業、CNT環境関連製品の開発・販売
資本金:140,575,000円

〈当該会社の概要〉
会社名:トッパン・フォームズ株式会社
所在地:東京都港区東新橋
事業内容:デジタルハイブリット事業、ITイノベーション事業、ビジネスプロダクト事業、グローバル事業
資本金:117億5,000万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード7862)
発行済株式数:115,000,000株


 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力