これまでのM&Aニュース(2017年10月)

2017年10月31日

トスネット〈4754〉、北海道の警備会社アーバン警備保障を子会社化

株式会社トスネットは、北海道内において、建築関係の警備を中心に各現場の交通誘導警備、イベント等における雑踏警備、施設などの常駐、巡回警備、機械警備の事業を展開している株式会社アーバン警備保障の株式を取得し、子会社化した。

トスネットは、自社および連結子会社17社で構成され、交通誘導警備を主力とした警備事業を主な事業としている。
トスネットの子会社であり、北海道内にて警備事業の展開およびイベント等の電源供給事業を行っているI・C・Cインターナショナル株式会社との相乗効果を図るべく、本決議に至った。

これにより、警備事業の更なる生産性の向上を基軸にビルメンテナンス事業、メーリングサービス事業および電源供給事業を提供し、さらなる新しい企業体を目指すとしている。

取得価額:108,000千円(概算額、アドバイザリ費用概算8,000千円含む)
異動後の所有株式数:600,000株(議決権所有割合100.0%)
株式譲渡実行日:2017年10月27日

<取得する会社の概要>
会社名:株式会社アーバン警備保障
所在地;北海道札幌市中央区北12条西
事業内容:警備事業
資本金:30,000千円
(2017年3月期)
純資産:8,985千円
売上高:182,888千円

<当該会社の概要>
会社名:株式会社トスネット
所在地:宮城県仙台市宮城野区宮城野
事業内容:警備事業、メーリングサービス事業、電源供給事業、ビルメンテナンス・人材派遣事業
資本金:78,293万円
上場証券取引所:東京証券取引所 JASDAQ市場スタンダード(証券コード4754)
発行済株式数:4,732,600 株

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力