これまでのM&Aニュース(2017年11月)

2017年11月1日

オークファン〈3674〉、ECショッピング事業を展開するネットプライスを子会社化

株式会社オークファンは、BtoC ECショッピング事業を運営する株式会社ネットプライスの全株式を取得し子会社化することを決議した。

オークファンは、ショッピング・オークション一括検索・比較サイトの運営、BtoB仕入サイトや滞留品・返品等のワケアリ品の流動化支援事業を中心としたマーケットプレイス事業に積極的に取り組んでおり、特にオークファンが主力市場として見込む法人在庫の流動化市場には大きなビジネスポテンシャルがあると見込んでいる中、BtoC EC事業者としてプライベートブランド商品の企画・開発やギャザリング等のサービスで多くのユーザーに支持されているネットプライスを取得することで、ネットプライス事業並びにマーケットプレイス事業の大きな拡大が目指せると判断し、本決議に至った。

これにより、オークファン保有の取引データと掛け合わせによる流通拡大、および自社で展開しているマーケットプレイス事業のもつ顧客基盤・流通基盤等とネットプライスの保有するサプライヤーネットワークや顧客基盤、Eコマース事業のノウハウ等の融合を企図している。

取得価額:88百万円
異動後の所有株式数:5,000株(所有割合100.0%)
株式譲渡実行日:2017年12月1日

〈取得する会社の概要〉
会社名:株式会社ネットプライス
所在地:東京都勇往区築地
事業内容:BtoCオンラインショッピング事業
資本金:100百万円
(2017年9月期)
純資産:88百万円
売上高・2,409百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社オークファン
所在地:東京都品川区上大崎
事業内容:BtoC、CtoC市場での商品価格情報提供事業
資本金:676百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 マザーズ市場(証券コード3674)
発行済株式数:9,907,500株

 
⇒M&Aとは?成功する秘訣と手法のポイント
 
⇒買収とは?企業買収の手法と失敗事例
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力