これまでのM&Aニュース(2017年11月)

2017年11月1日

タムラ製作所〈6798〉、独のはんだメーカーElsold GmbH&Co.KGの全持分を取得

株式会社タムラ製作所は、ドイツにおける持株会社TAMURA DEUTSCHLSND GmbHを通じて、ドイツのはんだメーカーであるElsold GmbH&Co.KGの持分100%を現地資本の法人より取得した。

Elsold GmbH&Co.KGは、ドイツに製造拠点を有し、電子部品・自動車部品用とのはんだ事業を展開する企業で、ドイツを中心とした欧州各国の顧客に対して、数多くの納入実績を有している。
タムラ製作所の電子科学事業は、中期戦略において、非日系顧客を中心に、ソルダーペースト等の高付加価値実装材料を拡販することを方針として掲げており、電子科学材料の海外生産拡充を中期経営計画の課題として本格的に進めるべく、本決議至った。

これにより、アジア・ASEANでの既存の販売網を通じてElsold GmbH&Co.KGが強みとする棒はんだおよび糸はんだの拡販を支援するとともに、Elsold GmbH&Co.KGの有する販売網や製造拠点を活用して、タムラ製作所の電子科学材料の欧州展開を加速するとしている。

取得後の所有持分比率:100.0%
持分取得日:2017年10月31日

〈取得する会社の概要〉
会社名:Elsold GmbH&Co.KG
所在地:38871 Ilsenburg(Harz) Germany
事業内容:はんだ製品の製造・販売
資本金:750千ユーロ(約100百万円)

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社タムラ製作所
所在地:東京都練馬区東大泉
事業内容:電子部品、電子科学実装、情報機器、単結晶参加ガリウム基板
資本金:11,829百万円
上場証券取引所:東京証券取引所 市場第1部(証券コード6768)
発行済株式数:82,018,891株


 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力