これまでのM&Aニュース(2017年11月)

2017年11月14日

フェニックスバイオ〈6190〉、カナダのヒト肝細胞キメラマウス試験・販売会社KMT Hepatech, Inc.を買収

株式会社フェニックスバイオは、カナダ アルバータ大学からスピンオフして設立された、ヒト肝細胞キメラマウスを用いた受託試験サービスを展開するKMT Hepatech, Inc.の全株式を取得し、子会社化することを決議した。
対象会社は、National Institutes of Health(アメリカ国立衛生研究所)の研究予算を活用し、抗肝炎薬の開発を行っている製薬企業及び研究機関を始め、マラリアの研究機関などにも受託試験サービス及び販売を展開している。
これにより、既存の販売網に対象会社の知名度を利用することで、さらなる拡販を推進していくものとしている。

なお、本件は、同社が買収目的会社(SPC)を設立し、現金を対価として既存株主から株式を取得
し、このSPCを消滅会社、対象会社を存続会社とする吸収合併を行い、完全子会社化する。

取得価額:5,500千カナダドル(概算額)
株式譲渡実行日:2017年12月1日(予定)
合併:2017年12月(予定)

〈取得する会社の概要〉
会社名:KMT Hepatech, Inc.
所在地:Alberta, Canada
事業内容:ヒト幹細胞キメラマウス(KMTマウス)を用いた受託試験サービス、ヒト幹細胞キメラマウスの販売
資本金:$140,649(カナダドル)
(2016年12月期)
純資産:1,718,974カナダドル
売上高:690,855カナダドル

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社フェニックスバイオ
所在地:広島県東広島市
資本金:2,229百万円


 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力