これまでのM&Aニュース(2017年11月)

2017年11月16日

シーズ・ホールディングス〈4924〉、エステ・サロンのセドナエンタープライズを子会社化

エステ・サロン事業の拡大を加速させたい株式会社シーズ・ホールディングスは、全国で65店舗展開するエステティック・サロン・チェーンである株式会社セドナエンタープライズセドナエンタープライズの株式を取得し、子会社化することを決議した。
同社は、2016年2月1日に株式会社シーズ・ラボを子会社化することで、エステサロン事業を新たな事業セグメントに加えていた。
対象会社は、首都圏、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市といった大都市圏を中心に美容脱毛エステ・サロン、痩身エステ・サロンを展開してきたが、広告宣伝に先行投資してきたことで、現状債務超過にある。
株式の取得により、短期的には、効率的な店舗開発・管理方法の共有や人材の採用・教育の連携によるエステ・サロン事業の基盤強化、既存の化粧品化被圧のノウハウを導入することによる若年層向け化粧品ブランド開発・販売による売上拡大などのシナジー効果を見込むものとしている。

取得価額:4,010百万円(概算、アドバイザリー費用 5百万円含む)
株式譲渡実行日:2017年11月30日(予定)

〈取得する会社の概要〉
会社名:株式会社セドナエンタープライズ
所在地:東京都港区
事業内容:エステティック・サロンの経営
資本金:10百万円
(2017年6月期)
純資産:▲2,480百万円
売上高:7,555百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社シーズ・ホールディングス
所在地:東京都渋谷区
事業内容:化粧品・健康食品・美容機器等の企画・開発・製造販売
資本金:29億5,935万円
上場金融商品取引所:株式会社東京証券取引所

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力