これまでのM&Aニュース(2017年11月)

2017年11月20日

オプティム〈3694〉、IoTサービスのテレパシー・グローバルを子会社化

Cloud IoT OSの開発に注力している株式会社オプティムは、企画・開発・設計・調達・保守・運用までを統合的に行うIoTサービスを提供する株式会社テレパシー・グローバルの全株式を取得し、子会社化することについて決議した。
対象会社は、有力ベンチャーキャピタルであるFirsthand Technology Value Fund, Inc.の支援のもと、日米欧におけるスマートグラスやIoTセンサ等、各種IoT関連ハードウェアの開発・導入並びにサービスの立ち上げを支援してきた。
これにより、同社は、対象会社が持つハードウェア開発力とグローバルマーケティングのノウハウを取り込み、AI・IoT・ロボット事業の加速化を図るものとしている。

株式譲渡実行日:2017年11月21日(予定)

〈取得する会社の概要〉
会社名:株式会社テレパシー・グローバル
所在地:東京都中央区日本橋
事業内容:IoTに関するコンサルティング事業
資本金:414百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社オプティム 
所在地:東京都港区
事業内容:ライセンス販売・保守サポートサービス(オプティマル)事業
(IoTプラットフォームサービス、リモートマネジメントサービス、サポートサービス、その他サービス)
資本金:417百万円
上場市場:東京証券取引所市場第一部


 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力