これまでのM&Aニュース(2017年11月)

2017年11月24日

ケアサービス〈2425〉、中国で介護サービスの合弁会社を設立

株式会社ケアサービスは、養老院(日本における有料老人ホームに相当)を運営する上海金盛隆養老服務有限公司と、日本代理店である株式会社リブラとの共同出資により、介護需要が高まっている中国において介護No.1ブランドの構築を目指す合弁会社の設立を決議した。
この合弁会社は、同社の持分法適用関連会社となる予定である。
上海金盛隆養老服務有限公司は、他社との差別化を図るサービスの充実によるソフト面・ハード面での強化を模索しており、一方、同社では2015年8月に上海福原護理服務有限公司を設立し、介護サービスの事業拡大を図っていたため、思惑が一致した。
これにより、運営からスタッフ育成、計江管理にいたるまでの養老院経営モデルを作り上げ、広く普及させることで、3年後には、売上高50億円、担当施設のベット数10,000を目指すものとしている。

契約締結日:2017年12月下旬(予定)
事業開始日:2018年1月(予定)

〈合弁会社の概要〉
会社名:上海保原健康管理諮詢有限公司(予定)
所在地:上海市
事業内容:介護施設における経営、コンサルティング
資本金:1,000万人民元(約1億6,000万円)
出資比率:
上海金盛隆養老服務有限公司 51.0%
株式会社ケアサービス 30.0%
株式会社リブラ 19.0%

〈業務提携先の概要〉

会社名:上海金盛隆養老服務有限公司
所在地:上海市
事業内容:介護サービス業、健康管理コンサルティング
資本金:2,000万人民元(約3億2,000万円)
株主:三菱商事株式会社50.1%

会社名:株式会社リブラ
所在地:東京都新宿区
事業内容:コンサルティング
資本金:10百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社ケアサービス
所在地:東京都大田区
事業内容:居宅介護支援、デイサービス(通所介護)、訪問入浴、訪問介護、訪問看護、
福祉用具貸与・販売、クリーンサービス、エンゼルケア(湯灌・メイク)、
サービス付き高齢者向け住宅、ショートステイ
資本金:2億512.5万円


 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力