これまでのM&Aニュース(2017年12月)

2017年12月1日

テレビ朝日ホールディングス〈9409〉、コンテンツ制作会社のレイ〈4317〉と資本業務提携

コンテンツを核としたビジネス強化に投資枠300億円を設定した株式会社テレビ朝日ホールディングスは、子会社である株式会社テレビ朝日を通じて、広告・映像関連の企画制作を手掛ける株式会社レイと資本業務提携を締結した。
これにより、同社の幅広いものづくりネットワークと、対象会社のビジネス事業展開のノウハウが連携することで大きなシナジー効果を見込めるものとしている。
資本業務提携契約に基づき、対象会社は第三者割当による自己株式の処分により1,434,900株(10.01%)と主要株主である株式会社エイチ・ダブリュ・プロジェクトの保有株式715,500株(4.99%)、対象会社の代表取締役社長分部至郎市の保有株式715,500株(4.99%)を取得する予定である。
今後、コンテンツを活用した多面的な事業展開での連携や、映像制作・映像編集など映像技術分野及び、イベントやプロモーションを活用したクロスメディアマーケティング分野などで総合的な連携を図っていく。

取得価額:982百万円
異動後の所有株式数:2,865,800株(議決権所有割合:20.00%)
出資日及び株式取得日:2017年12月19日(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:株式会社レイ
所在地:東京都港区六本木
事業内容:広告・映像関連の企画制作
資本金:471百万円
(2017年2月)
純資産:3,728百万円
売上高:11,314百万円

〈取得する会社の概要〉
会社名:株式会社テレビ朝日
所在地:東京都港区六本木
事業内容:放送法による基幹放送事業及び一般放送事業等
資本金:1億円
大株主及び持株比率:株式会社テレビ朝日ホールディングス100%
(2017年3月)
純資産:153,489百万円
売上高:240,557百万円

 
⇒資本業務提携のメリットや留意点、その目的とは
 

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?企業買収の手法と失敗事例
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力