これまでのM&Aニュース(2017年12月)

2017年12月4日

ニューフレアテクノロジー〈6256〉、芝浦メカトロニクス〈6590〉と資本業務提携

半導体製造装置を製造・販売する株式会社ニューフレアテクノロジーは、芝浦メカトロニクス株式会社と資本業務提携契約を締結し、株式を取得することを決議した。
同社は、電子ビーム式半導体ウェーハ検査測定装置の開発に注力し、事業領域を拡大していくとともに、中国市場への本格的な進出を計画している。
芝浦メカトロニクスは、FPD(フラットパネルディスプレイ)前工程、FPD後工程、半導体前工程、半導体後工程、真空応用の5分野を手掛け、それぞれの成長と分野をまたがる商品開発などを目指している。
この資本業務提携により、同社は芝浦メカトロニクスの株式を1,600,000株(3.08%)を上限として取得し、両社が培ってきた半導体装置分野における技術開発力、人材、拠点などの経営資源を融合させ、既存事業の拡大と新規事業の推進を目指すものとしている。

株式譲渡実行日:2017年12月20日~2017年12月25日(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:芝浦メカトロニクス株式会社
所在地:神奈川県横浜市栄区
事業内容:FPD製造装置、半導体製造装置、真空応用装置、レーザ応用装置、自動販売機等の製造・販売、保守サービス、工場建物等の維持管理など
資本金:6,761百万円
(2017年3月)
連結純資産:16,533百万円
連結売上高:42,737百万円

〈取得する会社の概要〉
会社名:株式会社ニューフレアテクノロジー
所在地:神奈川県横浜市磯子区
事業内容:電子ビームマスク描画装置、マスク検査装置、エピタキシャル成長装置の3製品を中心とした半導体製造装置の開発、製造、販売、保守サービス
資本金:6,486百万円
大株主及び持株比率:東芝デバイス&ストレージ株式会社50.00%
(2017年3月)
連結純資産:60,832百万円
連結売上高:47,702百万円

 
⇒資本業務提携のメリットや留意点、その目的とは
 

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?企業買収の手法と失敗事例
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力