これまでのM&Aニュース(2017年12月)

2017年12月12日

明治ホールディングス〈2269〉、化学及血清療法研究所の事業を承継

「健康・予防」領域へのアプローチを強化している明治ホールディングス株式会社とMeiji Seikaファルマ株式会社は、一般財団法人化学及血清療法研究所の主要事業を現物出資等により承継する会社の株式の一部を取得し、連結子会社化する基本合意書を締結することを決議した。
対象法人は、人体用ワクチン、血漿分画製剤及び動物用ワクチンといった生物学的製剤の研究・開発・製造、およびこれらの製品の供給を行っており、、公衆衛生上・国家安全保障上で大きな役割を担う特徴ある医薬品企業である。
これにより、感染症に対する予防から治療までのバリューチェーンの構築、ワクチン等の国内販売力の強化・海外展開、動物用医薬品事業の拡大、バイオ医薬品の創薬研究力・製品開発力の強化を図るものとしている。
なお、買収会社の議決権比率は、明治ホールディングス29%、Meiji Seikaファルマ20%で、明治グループ合計49%、その他は熊本県企業グループが49%、熊本県が2%保有する予定である。

取得価額:18,000百万円(概算額、アドバイザリー費用等700百万円含む)
最終契約の締結日:2018年2月(予定)
株式譲渡実行日:未定

〈対象会社の概要〉
会社名:一般財団法人化学及血清療法研究所
所在地:熊本県熊本市
事業内容:人体用ワクチン、血漿分画製剤及び動物用ワクチンなど生物学的医薬品の研究・開発・製造・供給
正味財産:130,695百万円
総資産:160,224百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:明治ホールディングス株式会社
所在地:東京都中央区京橋
事業内容:食品、薬品等の製造、販売等を行う子会社等の経営管理およびそれに付帯または関連する事業
(2017年3月期)
連結売上高:1兆2,424億80百万円