これまでのM&Aニュース(2017年12月)

2017年12月21日

JSR〈4185〉、創薬支援サービスのCrown Bioscience Internationalを買収

ライフサイエンス事業を石化事業、ファイン事業に次ぐ第三の柱と位置付けているJSR株式会社は、製薬会社向けに創薬支援サービスを提供しているCRO(Contract Reserch Organization)であるCrown Bioscience Internationalの全株式を取得し、完全子会社とすることとした。
対象会社は、世界でがん、炎症性疾患、心血管疾患及び代謝性疾患領域に対して、医薬品の基礎研究成果を臨床研究や実用化にまで高める創薬探索開発受託サービスを提供する会社であり、グローバルに事業展開している。
これにより、同社のライフサイエンス事業は、戦略的基礎研究、診断薬開発、創薬探索開発受託、細胞株樹立から製造プロセス開発、GMP製造受託まで拡大し、シームレスに価値を提供できるものとしている。

買収方法は、同社がケイマン諸島に設立した買収目的子会社と対象会社を合併させる方法によって行われる。
対象会社の株主は、既存の株式が消却される代わりに同社から対価として現金総額約120億台湾ドル(約440億円)を受領する権利を取得することになる。

〈対象会社の概要〉
会社名:Crown Bioscience International
所在地:Cayman Islands
事業内容:がん、炎症性疾患、心血管疾患及び代謝性疾患領域向けの薬効試験サービスの提供及び抗体医薬開発
資本金:1,437百万台湾ドル(5,316百万円)
(2016年12月期)
連結純資産:2,283百万台湾ドル(8,449百万円)
連結売上高:1,976百万台湾ドル(7,310百万円)

〈当該会社の概要〉
会社名:JSR株式会社
所在地:東京都港区東新橋
事業内容:石油化学系事業、ファイン事業、ライフサイエンス(診断等試薬材料、バイオプロセス材料、メディカルポリマー)、リチウムイオンキャパシタ、等
資本金:23,320百万円


 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力