これまでのM&Aニュース(2017年12月)

2017年12月29日

カイカ〈2315〉、 eラーニングのアイスタディと資本業務提携

金融業などのシステム開発に実績を持つ株式会社カイカは、 eラーニングや研修サービスなどを手掛けるアイスタディ株式会社との間で資本業務提携を締結することを決議した。
これによって、株式会社イーフロンティアより対象会社の発行済み株式240,000株(12.07%)を市場外の相対取引により取得する。
同社は現在、フィンテック関連ビジネスに注力しており、ブロックチェーン技術とAIに注目した取り組みを行っている。
一方、対象会社は、社員のスキル・資格取得状況の管理を行うシステム開発・販売などを行う「LMS事業」、ベンダー認定の研修などを行う「研修サービス事業」を柱とし、今後は、人材総合ビジネスの育成に注力する。
この資本業務提携により、営業促進の連携、人材プラットフォームの共同マーケティング、ソフトウェア等の共同開発・共同研究、人材の相互交流などを進めて行くものとしている。

取得価額:344,640,000円
株式売買契約日:2017年12月29日(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:アイスタディ株式会社
所在地:東京都品川区
事業内容:人材育成を事業の柱として、集合研修、eラーニングシステム開発販売、ラーニングコンテンツ、イベントサービス(映像配信)、ビジネスビデオソリューションを提供
資本金:705百万円
(2016年12月期)
純資産:713,787千円
売上高:395,319千円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社カイカ
所在地:東京都目黒区
事業内容:情報サービス事業
資本金:8,940,292千円(2017年11月28日現在)
株式上場:東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)(証券コード:2315 )

 
⇒資本業務提携のメリットや留意点、その目的とは
 

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力