これまでのM&Aニュース(2018年01月)

2018年1月18日

ラクス〈3923〉、メール配信サービスのブレインメールを子会社化

事業ポートフォリオに新たなクラウドサービスを追加することを目指す株式会社ラクスは、クラウド型メール配信サービスを8,100社超に提供するブレインメール株式会社の全株式を取得し子会社化することを決議した。
対象会社は、売上高の約3割を占める新規事業を昨年12月にカーブアウトしており、創業者である天毛伸一氏は新規事業に注力する意向である。
同社のクラウド型メール配信システムは、対象会社の「ブレインメール」と機能面、価格面で補完関係にあり、シェアの向上を期待できる、としている。

取得価額:1,575百万円(概算額、アドバイザリー費用等28百万円含む)
株式譲渡実行日:2018年2月1日(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:ブレインメール株式会社
所在地:東京都港区六本木
事業内容:クラウド型ソフトウエアサービスの提供
資本金:18百万円
(2017年1月期)
純資産:57百万円
売上高:639百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社ラクス
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷
事業内容:クラウド事業、HR事業
資本金:3億7,837万8千円
上場市場:東京証券取引所 マザーズ市場(証券コード:3923)


 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力