これまでのM&Aニュース(2018年03月)

2018年3月7日

東洋製罐グループホールディングス〈5901〉、ペットリファインテクノロジーの株式を日本環境設計に譲渡

東洋製罐グループホールディングス株式会社は、子会社である東洋製罐株式会社が保有するペットリファインテクノロジー株式会社の全株式を日本環境設計株式会社に譲渡することについて決議した。
近年、対象会社のリサイクル事業においては、廃ペットボトル価格の高騰や競合するバージン樹脂価格の下落などにより価格競争力が著しく低下し、利益を確保することが困難な状況が続いていた。
一方、譲渡先である日本環境設計は、ポリエステル繊維のケミカルリサイクル事業を展開しており、対象会社の技術および設備を有効活用できることが見込まれる。
同社は、これにより、既存事業の構造改革の推進、重点事業への経営資源の集中を図ることができるものとしている。

譲渡価格:100百万円
株式譲渡実行日:2018年4月(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:ペットリファインテクノロジー株式会社
所在地:神奈川県川崎市
事業内容:ペットボトルリサイクル事業
資本金:1,234百万円
(2017年3月期)
純資産:△223百万円
売上高:3,190百万円

〈譲渡先の概要〉
会社名:日本環境設計株式会社
所在地:東京都千代田区
事業内容:リサイクルプロジェクト「BRING」の企画・運営、再生プロダクトの製造・販売
資本金:806百万円

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力