これまでのM&Aニュース(2018年04月)

2018年4月9日

キッツ〈6498〉、韓国のバルブメーカーCephas Pipelines Corp.を買収

株式会社キッツは、韓国のバルブメーカーであるCephas Pipelines Corp.の全株式を取得することについて、2018年3月30日創業者と株式譲渡契約を締結した。
対象会社は、豊富なラインナップと大口径まで生産可能な技術を保有し、石油化学分野における工業用バタフライバブルに強みを有している。
今後は両社の強みを活かした生産体制を構築し、対象会社のグローバルネットワークによりバタフライバルブの売上拡大を図るものとしている。

株式取得日:2018年4月17日

〈対象会社の概要〉
会社名:Cephas Pipelines Corp.
所在地:Busan, Korea
事業内容:工業用バタフライバルブの製造・販売
資本金:2,454百万ウォン(約2億45百万円)
(2016年12月期)
売上高:30,802百万ウォン(約30億80百万円)

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社キッツ
所在地:千葉県千葉市
事業内容:バルブ及びその他の流体制御用機器並びにその附属品の製造・販売
資本金:21,207,084,670円
上場証券取引所:東京証券取引所市場第一部(証券コード:6498)
連結売上高:114,101百万円

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力