これまでのM&Aニュース(2018年04月)

2018年4月18日

シーアールイー〈3458〉、物流プラットフォーム運営のブレインウェーブを子会社化

株式会社シーアールイーは、物流プラットフォーム「はぴロジ」を運営する株式会社ブレインウェーブが実施する第三者割当増資を引受け、子会社化することについて決議した。
同社は、物流不動産を中心に約1,400物件、約139万坪(約460万㎡)の不動産の管理運営を行い、グループとして物流不動産開発・テナントリーシングから竣工後のアセットマネジメント、プロパティマネジメントまでのトータルサービスを提供している。
対象会社は、EC事業者に対して物流サービスとの連携を、物流会社・倉庫会社に対しては空きスペース・空き労力を活用したプラットフォーム事業を提供している。
これにより、「はぴロジ」を通じた両社の顧客基盤n共有化・拡大、倉庫管理システム支援ツール等の機能拡充を図り、両社の業容拡大を図るものとしている。

取得価額:非公表
第三者割当増資引受実行日:2018年5月1日(予定)
異動後の所有株式数:3,820株(所有割合:51%)

〈対象会社の概要〉
会社名:株式会社ブレインウェーブ
所在地:大阪府大阪市西区
事業内容:流通プラットフォーム事業
資本金:6,900万円
(2017年3月期)
純資産:60,578千円
売上高:658,464千円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社シーアールイー
所在地:東京都港区虎ノ門
事業内容:物流施設の賃貸、管理、開発、仲介、及び投資助言
売上高:404億7,582万円(2017年7月期)

 

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力