これまでのM&Aニュース(2018年04月)

2018年4月24日

日本電産〈6594〉、米国の搬送ロボットメーカーGenmark Automation, Inc.を買収

日本電産株式会社は、子会社である日本電産サンキョー株式会社を通じて、米国の半導体ウェハー搬送ロボットメーカーであるGenmark Automation, Inc.の株式を取得することを決議した。
日本電産サンキョーでは液晶・半導体製造工程において用いられる、クリーン環境における搬送ロボットの製造・販売を展開しており、さらなる成長を目指すべく製品ラインナップの強化およびグルーバル体制の強化が急務となっている。
対象会社は、半導体製造工程においてウェハーの搬送に用いられる大気ロボット・真空ロボットおよび関連する各種製造装置の開発・製造・販売を主力事業としており、IoT関係の半導体ロボットの製品開発に強みを持っている。
これにより、同社グループは、対象会社が有する開発・製造体制とネットワークを活用した製品ラインナップの強化、グローバル体制の強化を図っていくものとしている。

なお、本件のストラクチャーは、、以下の内容である。
対象会社の100%株式を取得するため逆三角合併方式を採用しており、対象会社が100%出資のSPC(特別目的子会社)としてGenmark Sub Corporation(以下、jGS社)を設立し、日本電産サンキョーがこのGS社の全株式を取得する。
その後、対象会社の株主総会での過半数による承認により、GS社との合併を決議し、GS社株式は対象会社株式に転換され、これにより対象会社は日本電産サンキョーの完全子会社となる。

取得価格:非開示
クロージング日:2018年5月上旬(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:Genmark Automation, Inc.
所在地:California, U. S. A.
事業内容:半導体ウェハー搬送用ロボット、モーションコントール部品、自動化ソフトウェアの開発・製造・販売
(2017年12月期)
純資産:11.2百万USドル
売上高:24.7百万USドル

〈当該会社の概要〉
会社名:日本電産株式会社
所在地:京都府京都市
事業内容:精密小型モータ、車載及び家電・商業・産業用モータ、機器装置、電子・光学部品、その他の開発・製造・販売
資本金:877億84百万円(2017年3月末現在)
株式:東証一部(上場コード:6594)
連結売上高:1兆1,993億11百万円(2017年3月期)


 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力