これまでのM&Aニュース(2018年04月)

2018年4月25日

PCIホールディングス〈3918〉、サイバーセキュリティ・システム開発のBlue Planet-worksと合弁会社設立

PCIホールディングス株式会社は、サイバーセキュリティ・システムの開発を手掛ける株式会社Blue Planet-worksとの間で、製品などの取り扱いにかかわる「マスターディストリビューター契約」を締結し、あわせて、販売拡大強化を目的とした合弁会社の設立を決議した。
同社グループは、得意とする組込み制御技術や通信技術を基礎とした自社ソリューションの提供・展開と、エンドポイント・プロテクション「AppGuard®」の営業展開を実施してきた。
「AppGuard®」のメーカーであるBlue Planet-worksと、「マスターディストリビューター契約」を締結し、合弁会社「Safer Connected World 株式会社」を新設することで、迅速な営業展開と製品拡販が可能になるものとしている。

合弁会社設立・事業開始日:2018年6月1日(予定)

<合弁会社の概要>
会社名:Safer Connected World 株式会社
所在地:東京都港区虎ノ門
事業内容:サイバーセキュリティ製品及び関連サービスの提供
資本金:1,000万円
株主及び持株比率:PCIホールディングス株式会社 90%、株式会社Blue Planet-works 10%

<当該会社の概要>

会社名:株式会社Blue Planet-works
所在地:東京都渋谷区神宮前
事業内容:サイバーセキュリティ製品の研究開発、販売及びサービス提供
資本金:5,540百万円

会社名:PCIホールディングス株式会社
所在地:東京都港区虎ノ門
資本金:10億 4,354万円(2017年 9月期現在)
連結売上高:約113億円(2017年 9月期)

 


 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力