これまでのM&Aニュース(2018年04月)

2018年4月26日

リプロセル〈4978〉、遺伝子解析サービスのBioserve Biotechnologies India Pvt. Ltd.を買収

株式会社リプロセルa>は、インドで遺伝子解析サービスを展開しているBioserve Biotechnologies India Pvt. Ltd.の全株式を取得し、子会社化することについて決議した。
近年、インドは経済成長が著しく、富裕層・中間層が増加しており、将来的に巨大な市場になると予想されており、また、対象会社のサービスは同社グループにとっては新しいサービスであり、既存ンサービスとの技術シナジーが見込まれる。
同社グループでは、日本、米国、欧州に拠点を置き、iPS細胞技術やヒト細胞を活用した創薬支援サービス事業を展開しており、この株式取得によって市場の成長が期待されるインドへの進出が可能になるとともに、より付加価値の高いサービスが提供できるものとしている。

取得価額:1,960千米ドル(概算額、213,248千円(アドバイザリー費用6,528千円含む))
株式譲渡実行日:2018年4月26日

〈対象会社の概要〉
会社名:Bioserve Biotechnologies India Pvt. Ltd.
所在地:India
事業内容:クリにカルリサーチサービス、バイオアナリシスサービス
資本金:10,566千インドルピー(16,905千円)
(2017年3月期)
純資産:86,315千インドルピー(138,104千円)
売上高:75,668千インドルピー(121,068千円)

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社リプロセル
所在地:神奈川県横浜市港北区
事業内容:

①研究支援事業
・iPS細胞関連研究試薬の製造・販売
・創薬支援サービスの提供(iPS細胞の樹立、CROサービスなど)
・生体試料の提供

②メディカル事業
・臨床検査の受託サービス
・再生医療等製品(細胞医薬品)の治験

資本金:5,490百万円(2017年3月31日現在)

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力