これまでのM&Aニュース(2018年05月)

2018年5月16日

安江工務店〈1439〉、熊本のトーヤハウスを子会社化

愛知県、兵庫県において住宅リフォーム事業、新築住宅事業、不動産流通事業などを展開する株式会社安江工務店は、熊本県とその周辺エリアで建築業、不動産業を営む株式会社トーヤハウスの全株式を譲受し、子会社化することを決議した。
同社は、2017年9月に神戸市で住宅リフォーム事業を行う株式会社N-Basicの全株式を取得するなど、中堅・中小企業のM&Aを積極的に進めている。
対象会社は、地域密着で紹介のみの受注で成長してきており、住宅・商業店舗などの設計・施工、リフォーム、不動産の買取・再販、売買仲介を主な事業として営み、熊本地震による被害からの復興需要にも対応できる体制が整っている。
これにより、同社は企業価値の向上と事業拡大を期待できるものとしている。

譲受価額:249百万円(概算額、アドバイザリー費用等29百万円含む)
株式取得日:5月31日(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:株式会社トーヤハウス
所在地:熊本県熊本市
事業内容:建設業(新築・リフォーム)、不動産業、太陽光発電システム事業
資本金:1,000万円
(2017年7月期)
純資産:19百万円
売上高:688百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社安江工務店
所在地:愛知県名古屋市中区
事業内容:一般建築、住宅リフォーム・リノベーション、不動産の買取再販・仲介
資本金:24,473万円 (2017年12月現在)
売上高:37億7,500万円(2017年12月期)
上場取引所:東京証券取引所ジャスダック スタンダード市場、名古屋証券取引所市場第二部 (証券コード:1439)

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力