これまでのM&Aニュース(2018年05月)

2018年5月17日

ピクセラ〈6731〉、家電メーカーのA-Stageを子会社化

4K放送チューナー付きセットトップボックスの直販体制強化を目指す株式会社ピクセラは、家庭用電気製品の企画・製造・販売などを手がける株式会社A-Stageの全株式を、株式会社エスキュービズムより取得することを決議した。
対象会社は、冷蔵庫、掃除機、テレビなどの家電製品を一人暮らし向けのデザイン、昨日、価格で企画製造し、家電量販店やECサイトを通じて販売している。
これにより、同社が対象会社の企画力を活用することで、既存製品のブランド力の向上、販売力の強化につながるものとしている。

取得価額:950百万円(概算額、アドバイザリー費用等50百万円含む)
株式譲渡日:2018年5月17日

〈対象会社の概要〉
会社名:株式会社A-Stage
所在地:東京都港区芝公園
事業内容:家庭用電気製品の企画、製造、販売等
資本金:50百万円
(2018年3月期)
純資産:851,143千円
売上高:109,274千円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社ピクセラ
所在地:大阪府大阪市浪速区
事業内容:デジタル機器、ソフトウェアの開発、販売
資本金:30億57百万円(2017年12月31日現在)
上場取引所:東京証券取引所市場第2部 (証券コード : 6731)

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒買収とは?敵対的買収と買収防衛策
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力